満足できる二重整形のために|技術のある美容外科を利用しよう

美しい顔になる方法

女の人

顔で最も重要なのは目元

多感な時期である10代後半からの若い世代を中心に、自分の顔にコンプレックスを抱く女性は少なくありません。最近、福岡県内においても、季節を問わずマスク姿の若い女性をよく見かけますが、これは一種の顔隠しであるといえます。とりわけ顔の中で、最もコンプレックスを感じやすい部分は目元です。福岡県内においても一重で腫れぼったいまぶたをしている人は多く、パッチリとした二重まぶたになろうとまぶた矯正化粧品などを使っている人もいますが、上手く仕上がらないという人もいます。パッチリとした美しい二重まぶたになろうと思えば、やはり美容外科に行って二重整形を受けるのが近道ですし、福岡県内でも多くの美容外科で二重整形が行われています。

手術の特徴及び種類

二重整形の特徴としては、施術方法によってアイラインが大きく変わってくるということです。二重整形の施術の種類として、大きくは埋没法と呼ばれるものと切開法の二点があります。埋没法はメスを使用せず、まぶたの一部を縫い合わせて二重を作る方法で術後の腫れは殆どありません。これに対し、切開法はまぶたに切り込みを入れて縫い合わせることで二重を作る方法になり、メスを入れる分、手術直後には腫れが出ます。埋没法と切開法との最大の違いは、後でやり直しが利くかどうかです。切開法で施術した場合、後から元に戻すことはできませんが、その代わりによりくっきりとした美しい二重まぶたになることができます。二つの施術のどちらが良いということは決して無く、福岡県内で施術される方においても、それぞれの事情によってどちらかを選択しております。